心を動かすアイテム、なに?

こんにちは

神巫まみです

今日からお盆休みに入った方もいらっしゃるのでしょうかー。

連休に突入してしまうのでその前に香りたちを発送したいなぁと、

昨日は一日がかりで梱包作業をしておりました。

ホント、要領が悪いのかトロくさいのか、こういう作業は毎度

かなり時間がかかります()

息抜きが多いせいもあるのかも?笑

夏っぽいカラーに仕上がりましたよねぇ(艸)

赤っていうより朱の色ですよね。

素敵な香りライフを過ごして頂ければと思いまする

本日のタロット

カップの9アフタータロットより

通常のライダー版では男性が並んだカップの前で

ドヤ顔でいる様子が描かれています。

どうよ?みたいな雰囲気で、自分の成果を披露している感じ。

トロフィーを並べている様子に似てますよね。

で、このアフタータロットではごちそうを振る舞われています。

たぶん、頑張ったぶんの報酬なんでしょうね。

カップは感情を扱うスートなので、人間関係においての

何か繋がりみたいなものがたくさんあるって事を表しているように思います。

一人対多数ってことはやっぱり商売的な事でもあるのかな。

でも、この男性ってお金ありきで成功したんじゃないんですよね。

人の心を動かしたんじゃないかなって思うんです。

利益度外視で、だけど無理するわけでもなく気張るわけでもなく

自分がやりたいと思ったこと、楽しいと感じた事にただただ

忠実だっただけのように思います。

商売上手ではないけれど、彼の周りには自然と人が集まり

いつのまにかそれが商売に繋がっていた、といった

気づいたら繁盛してたんだよねーっていうノリなんだろうなって。

彼はきっとお金ではなく人を大事にした結果

成功を納めた人なんだろうと思います。

お金ではなく、人の心を動かす。

これって、お金を動かすことより何倍も難しい。

このカードと出会ったのなら、どうか心動かす幸せ言葉を

使ってみて下さいませ。

あなたの人柄がお金を産むかもしれません

お金といえば。。。。

この、コインの形をしたペンダントを手に入れてから、ていうか

買うと決めた段階からもうすでにお金の巡りがとても良くなったように思います。

こういう金運アップ系のアイテムでその御利益にあやかれたことって

あまりないんですけど、デザインが気に入って即買いしたんです。

結局、お金お金と言いつつも見た目重視タイプなんですよね笑

金運グッズってあまりおしゃれなものを見かけないというか、

私が出会えていなかったというか、とにかく素敵と思えるものと

巡り会えていなかったんですね。

ですが、出会ってしまったのですよ。

それが、占星術師のKeikoさんプロデュースのペンダントでした

蠍座と牡牛座のエネルギーをアチューメントしてくれているんだったかな?

見た目で購入したので、詳しい説明をちゃんと読んでいないわけですが笑

そんなノリでも効果を感じているので、金運っていうか運気ってやっぱり

人それぞれ違うんだと思います。

私はデコルテが運気アップの部位なので

ペンダントタイプだったのが良かったんじゃないかな、と。

ピアスやリング、ブレスタイプなどがあったのですが、

絶対、ペンダント!って思いましたから。

星との相性も良かったのかも。。。。

でも、狙ったわけではなくて、ただ素敵と思った気持ちを

押さえつけずにいたってだけなんです。

一目見た瞬間からずきゅんときたわけですが、アクシデントで

チェーンを純金に変えてからますますお気に入りになってます

お金の流れだけじゃなく、愛情面の滞りも一緒に好転していったので

神様がいっていた恋とお金はセット説を今更ながら実感。

あ、私の場合は残念ながら恋ではありませんでしたが。。。。笑

でも、これってカップの9の言わんとしている事と

リンクするなぁって思ったんです。

好き心が動くって事ですよね。

好きって気持ちを自由にしていく事が、良き流れを作る

ヒケツなのかもしれません

もちろん、香り達のお蔭もあります

香りは目に見えないものなので、これも私にとって

とても相性の良いアイテムのひとつなんてすよね(艸)

何かひとつだけの力で出来上がっているのではないんだなって事が

よくよくわかってきたところでございます

いつも訪問していただき、ありがとうございます

明日も弥栄な一日でありますように

好きなもので囲まれた生活ってしあわせ

神巫まみへのご依頼お問い合わせは下記アドレスまでどうぞ

mmizu08yahoocojpをに変えて送信下さい

お名前ふりがなつき、ご住所、生年月日、携帯番号、携帯アドレス

をご記入のうえご連絡ください

神巫まみのセッションについてはコチラをご覧下さい

アンシェントメモリーオイルについてはコチラをご覧下さい