タカキビの出穂

2m位になるとは聞いていましたが、タカキビちゃん

生育にバラツキがありますが、2以上のもある気がします。

トウモロコシのようないでたち。

よく見たら、

穂が出ていました。(0;

野菜を観察していると、

花が咲いたら、ひと月かひと月半で実が入るように思いました。

今、8月ですからこのタカキビの完熟は10月半ばでしょうか。

収穫は10月、という説明書きと一致します。

背が高くなる植物は、その上部を支えるために根も深く張ります。

土表層部から地下に、雨で栄養が落ちている沈んでいると仮定して

深く根が張る植物を植えたら、

地下の層から地面表層部へ栄養を移行できないかなと

地上部で背丈の伸びたタカキビは、実も美味しく食べる目的がありますが

残った茎葉を地際で刈り取って、地面表層を覆う有効な敷草にならないものかと

そう考えて植えました。

やってみなければわからない!

途中経過で驚いたことがいくつかあります。

タカキビは3列植えています。

写真左は、右2本の列に比べて背丈が半分ほどしかありません。

3列とも、ポットで同時に苗を育てたものですが、この一番左の列だけ23週間畑への植え付けが遅れました。

ひと月弱植え付けが遅れたことで老化苗になって根が古くなり、成長する力が衰えたのか

右2列の陰になったため、日照時間が少なくて生育が遅くなったのか。

日照時間かなぁ。

というのも、

画面左が畑の奥なのですが、

奥1/3の背丈が低くなっています。

日暮れになると、畑奥から陽が陰ってくるため、その違いかなと考えています。

葉っぱって、太陽光パネルみたいって思います。

日照時間の差から来るエネルギー生産の違いが、こんなに生育の差になるんですもの。

シビアやわぁ。

そう、それとタカキビの手前に生えているのが、せんだって種を蒔いた黒豆です。

出そろいました::()::

点蒔きという方法で、一か所3粒蒔きました。

もちろん、収穫も目的ですが

マメ科は生えているだけで土質改善になるすぐれもの。

収穫後は根も、地上部の茎葉も土に戻します。

理想より数週間蒔くのが遅くなりましたが、

暑いときに花が咲くと落花して収穫が落ちるという、魔の8月を超えて

9月中旬頃花がつくかなと想定しています。

したら実が入るのは10月入ってから。

ぎりぎりですね。

種として収穫するには遅すぎるけど、枝豆として食べるならいけるんじゃないかと

期待を込めて祈っています。(;)

広告を非表示にする