彩り

小人閑居して不善をなす

注釈

小人とは、君子に対する語であり、教養や人徳のない人のこと。

閑居とは、暇を持て余し何もせず日を過ごすこと。

汗をかいては

新鮮な水を飲む。

体内の水分を入れかえていく。

失敗をしては

原因を探る。

人生経験に新たな経験を積み重ねていく

好奇心があれば

探究せずにいられない。

知識を増やしていく。

理解したらば、

自然と思考がかわる。

わかっているけど難しい。

難しいことに

やりがいを感じる自身でいたい。

毎日、生き生きと過ごす。

母が、苦しい思いで産んでくれたことに

感謝して

恩返しをする。

そして、

人様に恩返しをする。

青くさい?

どう思われてもいい。

私の人生の歩き方は、

私が決める。

私の知識と経験を駆使して

この世の中に恩返しをする。

彩り鮮やかに生きていく。